農と生きる

with農をテーマに生きる日々。雑記。

副業的農業のススメ

【農家直伝】きゅうりの栽培管理と仕立て方法

こんにちは、農家の都です。 我が農園では、きゅうりを軸に多品目栽培を行っています。 何故きゅうりを軸に栽培しているかというと、栽培が容易なことが挙げられます。 市場出荷では、接木栽培で棚持ちの良いきゅうりであること、形の揃ったきゅうりであるこ…

【これがあれば農家になれる】小規模農家の必需道具【新規就農】

こんにちは、農家の都です。 農家になる経緯は人それぞれだと思います。 農業を本業にしようと新規就農する人は、金銭面や技術習得など結構な覚悟が必要だと思いますが、ゆる農ライフでは他の仕事と掛け持ちしつつ農業を行うことや農業自体をライフスタイル…

【農家の仕事】直売農家流、ネギの荷造り作業

こんにちは農家の都です。 今回は、直売農家流のネギの収穫から出荷までの作業について書きたいと思います。 直売農家になると色んな品目を作らなくては立ち行かなくなることが多いと思いますので、プロのネギ農家ほどではなくてもスピーディーに仕事をこな…

【副業にオススメ!】かぼちゃを貯蔵してから売る【抑制栽培】

こんにちは、農家の都です。 今回は時間の取れないサラリーマンや農業で副業を考えてる人にオススメのかぼちゃ栽培についてです。 前にも書きましたが、農業を副業と考えるならキュウリやトマトなど、毎日手のかかるものをつくるより、じゃがいもやにんにく…

【直売所専業農家】ハウス作付け最適化の決定版

どうもこんにちは、都です。 何も知らずに3年前いきなり農業を始めた私ですが、今では20aほどの施設と少しの露地畑で少量多品目農家として直売所に出荷して生計を立てています。 なぜ少量多品目なのかはこちらをご覧下さい▼ noutoikiru.hatenablog.com 今回…

【追肥いらず】被覆肥料を使ったトマトの栽培法

どうも、こんにちは都です。 今回はこれからの農業で圧倒的に使用頻度の上がるであろう被覆肥料について書いていきたいと思います。 農家が主に使用する肥料であるため家庭菜園で使いたいな、と思っても入手しにくい現状がありますが購入できないことは無い…

【プロ直伝】ほうれん草を夏に栽培する方法

どうも、こんにちは都です。 ほうれん草を夏や秋に栽培するのは当たり前!難しいのは夏と冬!と言うことで、家庭菜園から1つランクアップしたい、もしくは高値で取引されているこの時期に栽培して収入を上げたい方向けの記事になります。 ほうれん草を夏に…

野菜の種はどこで買うべきか

多品目少量生産農家の悩みの1つである種の入手方法について書いてみました。 種を買える場所は大きく分けて3つあります。 野菜の種を買える場所 1.ホームセンターなどの園芸コーナー 園芸コーナーにはいつもその時栽培できる野菜の種がズラリと並んでい…

30坪の畑で月7万稼ぐin春

30坪=1a(2m×50m)の畑で7万稼ぐには。 農業の都合上、ワンシーズン(3ヵ月)に1度7万が入ってくると言った方がいいかもしれません。 今回は関東から露地春ver.でお送りします。 葉物で稼ぐ 春の葉物ならば、栽培が難しくないキャベツやブロッコリーをおオスス…

【なる安 】点滴潅水システムを自作してみた。

どうもこんにちは、都です。 多品目少量栽培に加え、今年から葡萄栽培を始めました。 誰に教わる訳でもなく、ただただ集めた資料から設備を模索することとなり、中でも大変だった点滴灌水システム作りについて書いていきたいと思います。 ちなみに設備資金は…

3aから始める副業としての農業

時間を自由に使えるフリーランスの仕事をしている方、空いた時間を有効活用したい主婦さん向けの記事になります。 3aってどのくらい? 3aがどれ位かと言うと、よく見るパイプハウス1棟分になります。5.4m間口で奥行50mくらいです。 結構広い?と思うかもしれ…

【副業的農業】栽培品目の決め方

出荷先を直売所とした場合の栽培品目を考えてみましょう。 直売所出荷の場合、一店舗で売れる量が決まっています。例えば夕方収穫して朝仕事前に出荷しに行くと仮定した場合、持っていける店舗は一店舗か多くて二店舗程度でしょう。すると、栽培量によっては…

【副業的農業】出荷先の決め方。

週5勤務の地方住みサラリーマンをモデルとした副業としての農業をシュミレーションしてみましょう。 出荷先を考える まず出荷先を考える必要があります。なぜ栽培品目の前に出荷先なのか?というと、出荷先によって栽培品目を変える必要があるからです。 考…